銀行から融資を受ける場合に活用する

どのような仕事をするのか

会社で税理士を利用すると、まずおすすめの資金調達方法を教えてくれます。
資金繰りの状況や会社の社会的な信頼、さらに時間を考慮して、最もふさわしい資金調達方法を見極めてもらってください。
その方法ならスムーズに資金を得られるので、今後の経営に悪影響を与えないでしょう。
さらに銀行の融資を利用する際に、話し合いを任せることも可能です。

説明が上手な税理士に話し合いを任せることで、担当員に事業内容がすぐ伝わります。
信頼性が高まるので、ぜひ税理士を活用してください。
話し合いを成功させるためには、事前に自分と税理士がしっかり話し合い、情報を共有することがコツです。
税理士を信頼して、会社のどのような情報でも提供しましょう。

人気が高い税理士を見極めよう

実績を豊富に持っている税理士を探してください。
ですから、口コミで意見を聞くと良いですね。
実際に利用した人がこの税理士に任せて良かった、スムーズに資金調達ができて、会社の経営状態が向上したと言っているなら安心感があります。
さらに、こちらの意図をわかってもらうことが何よりも重要です。

意図が伝わらないと、銀行の担当員との説明の時に、実際とは異なる事業内容を言われるかもしれません。
トラブルに発展するので、きちんと会社のコンセプトを理解してくれる税理士を探しましょう。
最初に、無料で相談できる税理士が多いです。
時間は短いですが、20分から30分ぐらい話し合えば相性や、こちらの話を理解してくれるのかわかると思います。


Share!
B!

ページTOPへ