タイミングが非常に重要

時間がない時におすすめ

常に、手元にはいくらぐらいの資金があるのか把握してください。
そしてこれから、何にどのくらいの資金を使うのか計算すると、資金調達のタイミングを見極められると思います。
少しでも足りないと思ったり不安を抱いたりした時は、すぐ資金調達を行ってください。
また残されている時間を考慮して、資金調達方法を決めても良いと思います。

時間がない時はノンバンクから融資されたり、ファクタリングを使ったりしましょう。
ファクタリングなら即日で資金を得られる時も多く、どんなに急いでいる時でも大丈夫です。
ちなみにノンバンクと同じ融資でも、銀行だと数か月の時間が掛かります。
ノンバンクの方がスピーディーなので、その時に応じて使い分けてください。

時間が掛かる方法

補助金や助成金、クラウドファンディングという方法を使って資金を得たいと考える人がいると思います。
それらの方法は資金を返済しなくて良いので、リスクが少ない面がメリットです。
しかし資金が実際に手元に届くまで、1年近い時間が掛かることを忘れないでください。
ですから急いでいる時には、おすすめできない方法です。
どうしてもこれらの方法で資金調達をしたいなら、早い段階で始めるなど計画を立ててください。

早めに資金調達を始めることで、余計なトラブルを避けられます。
資金をもらえる補助金や助成金も、誰でも気軽に始められるクラウドファンディングも便利な方法であることは間違いありません。
使うタイミングを、間違えないでください。


Share!
B!

ページTOPへ