適当に資金を得ないこと

必要な資金額とは

中には勘違いしている人が見られますが、金融機関からの融資は資金を借りる方法です。
そのため、返済の義務が発生することを忘れないでください。
たくさんの資金を借りるとそれだけ金利が増えて、返済の負担が大きくなってしまいます。
負担を減らすことを優先するなら、必要な資金額だけを指定しましょう。

金融機関に申し込む前に、どのくらいの資金があれば新しい事業を進められるのか考えてください。
また借りる金額が少なくなると、審査を通過しやすくなる面がメリットです。
借りる金額が高いと返済できないと判断されることがあり、そうなると審査を通過できません。
なかなか審査を通過できない人は、借りる金額に問題があると思って見直しましょう。

計画書を提出する

スムーズに審査を通過するためには、自分に計画性があることをアピールするのが良い方法です。
ですから今回得た資金を何に使うのか、書類で説明してください。
これが、事業計画書になります。
具体的に説明し、成功することで得られる利益も予測して書き込みましょう。
さらに毎月このぐらい返済するという、返済計画書も必要です。

無事に審査を通過して資金を手に入れた後は、計画書通りに返済していきましょう。
ただ計画書の内容に無理があると判断された時は信頼されず、逆に計画性がないと思われ、融資してもらえません。
自分の計画に自信を持つのは良いことですが、調子に乗りすぎないように注意してください。
客観的に、計画を見つめることがポイントです。


Share!
B!

ページTOPへ