日頃の食生活で、薄毛に立ち向かう。

>

ミネラルが多い食品

亜鉛が髪の毛にとってよい

ミネラルの中でも必須ミネラルというものがあるということは、先ほどのページでご紹介しました。
そこでここでは、その必須ミネラルの中の1つである亜鉛についてご紹介していこうと思います。

亜鉛は髪の毛を作るケラチンという成分を合成する働きをしたり、髪の毛を健康に成長させるのに役立つ成分となっています。
その亜鉛がどのような食品に含まれているのか、早速みていきましょう。

まずは、牡蠣ですね。
よく聞くものだと思いますが、とくに生牡蠣はおすすめされているそうです。

他にも、煮干しやたたみいわしという食品も、亜鉛をよく含んでいるそうです。

このような亜鉛を含んでいる食品は、あまり種類がないので不足しがちです。
意識して食事に取り入れるようにしていきたいですね。

ヨウ素も大切な栄養

髪の毛にとって必要な栄養の1つであるミネラルの中でも、ここではその1つであるヨウ素について見ていこうと思います。
ヨウ素は、新陳代謝に関わるホルモンを正常に機能するように調整する働きをしてくれます。
そのため、薄毛予防や美しい髪の毛を保つのに必要なものになってきます。
ではこのヨウ素を多く含んでいる食品とは、いったい何なのでしょうか。

1つは、やはり海藻類です。
とくにわかめや昆布、ひじきといった食品が髪の毛にいいと言われているのは、このヨウ素が多く含まれているからと言われています。

また大豆にも含まれているそうですよ。
他にも卵や鶏肉にも比較的多く含まれているそうです。

しかしこのヨウ素ですが、取り過ぎるとホルモンのバランスを崩してしまうことがあるそうです。
適量を心がけるようにしましょう。


この記事をシェアする