トラブルを避けよう

資金がたくさんあればやりたい事業を進められますし、社員の給料を高めることができます。
メリットが多いですが、金融機関から資金を借りると返済しなければいけません。
資金をもらえる方法ではないと、正しく認識してください。
スムーズに返済するためには、事前に計画を立てることが大事です。
そして、毎月決めた金額を確実に返済に回してください。
さらに審査の時に返済計画書や事業計画書を提出すると、信頼されやすくなります。

どのタイミングで資金調達をするのかという部分が、非常に大事です。
資金が完全になくなってからでは遅すぎるので、もう少しで資金がなくなりそうな時に行動してください。
あまり時間がない時はノンバンクからの融資や、ファクタリングといった方法で資金を得るのが良い方法です。
いざという時のため、様々な資金調達方法を知っておきましょう。
他にもクラウドファンディングや補助金や助成金を使う方法がありますが、その2つはかなりの時間が掛かるので、急ぐ時はおすすめできません。

銀行から融資を受けたい時は、税理士の力を借りるのが良い方法です。
銀行は審査が厳しく、通過するのが難しいと言われますが、きちんとこちらの事業内容を説明し、計画性があると伝われば融資してくれるはずです。
そして銀行の担当員との話し合いをサポートするのが税理士の役目なので、不安な人は活用しましょう。
経験が豊富な税理士なら、最大限に力を発揮してくれると思います。

適当に資金を得ないこと

金融機関から借りた資金を返済できないと、大きなトラブルに発展してしまいます。 こちらの信頼を失ったり、会社を経営できなくなったりするので、1回でもトラブルが起こらないよう気を付けてください。 ですから資金を借りる場合は、返済計画を立てるのがおすすめです。

タイミングが非常に重要

資金調達をしようと思っても、タイミングを間違えると間に合わず、会社の経営を続けられなくなってしまいます。 基本的に、早めに行動することを心がけてください。 さらにいくつか資金調達方法が存在しますが、それぞれで資金を得られるまでのスピードが変わります。

銀行から融資を受ける場合に活用する

税理士は、自分と銀行の担当員の話し合いの場に同席してくれます。 そして自分の代わりに事業計画や返済計画などを具体的に説明してくれるので、信頼されやすくなります。 説明するのが苦手な人や、資金調達のおすすめの方法を聞きたい時は、税理士を頼りましょう。

ページTOPへ